二人でワンランク上の快適

はじめが肝心!ルームシェアの心得

はじめが肝心!ルームシェアの心得イメージ
近年、ルームシェアが広まってきて憧れる人も多くなってきているようです。
ルームシェアして良かったと言う人もいれば失敗だったと後悔した人もいます。
後悔せず、ルームメイトと仲良く生活していくために実際にルームシェアを始める前に
よく話し合ってルールを決めておきましょう。

◎ よく起こりがちな金銭トラブル
ルームシェアで金銭トラブルは多く発生しています。
カップルや親友同士でも要注意!
家賃の折半はもちろん、光熱費や食費はどうするか細かく決めておきましょう。
毎月の折半分の金銭のやりとりを帳簿に残しておけば後々の言い争いなどが起こりにくいです。
また、共有スペースに置くものは入居前や購入時に誰のものかはっきりさせて記録に残しておきましょう。折半して購入するときは、シェア解消後の保有はどうするか話し合ってから購入しましょう。こうすることで、シェア解消時にもめることは少なくなるはずです。
ルームシェアを始める前から話しあうのもな…と思うかもしれませんが、退去時のルールもきちんと決めておくことが大切です。
急に、どちらかがシェアを解消したいと言い出してしまったら、家賃や転居先など様々な問題が起きてきます。シェア解消の何ヶ月前には申告することなど、始めるからには終りが来ることも想定して話し合っておきましょう。

◎ 掃除や料理の当番制
2人で生活しているのだから、何でも平等に当番制にしよう!と考える方も多いかと思いますが当番制にすることはオススメしません。どちらかが忘れてしまった時に倹約なムードになりかねません。自分のことは自分で、共有スペースの掃除は気がついた人が善意で。こういった部分はガチガチにルールで固めないほうが意外と上手くいくものです。

◎ 友達や家族を呼ぶ際は必ず了承を得ること、恋人はNG
家は、自分ひとりの空間ではないことを十分に心得ておきましょう。
事前になんの相談もなく知らない人を家に連れて来られることは、あまり気分が良いものではないと思います。例え、ルームメイトが知っている人物であっても同じ。親しき仲にも礼儀ありです。必ず了承を得てから呼ぶようにしましょう。
恋人の場合は、シェア前にお互い呼ばない取り決めをしておくと良いでしょう。
目の前、同じ空間で他のカップルがいちゃついているのを不快に思う人も多いです。
また、恋愛トラブルの元になることも考えられます。自分も相手も快適に生活していくために来客時のことも取り決めておくと良いでしょう。

お互い思いやりをもって、話し合いながら楽しく生活できると良いですね。

▲ トップへ戻る