ママ楽

忙しいママに伝授!料理の使いまわし術

忙しいママに伝授

今回は忙しいママのために、既に作ってある料理にひと手間加えるだけで、全然違う料理に見せる方法をご紹介したいと思います!毎食毎食違ったおかずを考えて作るのもけっこう大変な作業です。普段作っている身近な料理をちょっと工夫して使いまわしをするだけで、時間も材料も節約が出来てしまうのです。

●ひじきの煮物
ミネラルが豊富なひじきは、にんじんやいんげんなどの緑黄色野菜、こんにゃく、大豆、油揚げなど様々な具材を入れてバランスの良いおかずにすると良いでしょう。このひじきの煮物が、色んな料理に化けるのです。
①    ご飯に混ぜて栄養バランス満点のひじきご飯。煮汁を少し足して味を馴染ませましょう。おにぎりにしてもいいですね。
②    豆腐と鶏のミンチと合わせて豆腐ハンバーグに変身。子供も喜ぶおかずです。
③    水分を切ったお豆腐と合わせて白和えに。パパのお酒のお供にどうぞ。
④    ひじきの煮物を細かく刻んで、溶き卵と合わせると五目卵焼きになります。お弁当のおかずにも◎です。

●塩コショウのみで味付けしたシンプルな野菜炒め
野菜の組み合わせはお好みでOKです。キャベツやニンジン以外にもやしを入れてみると家計にも優しいレシピになります。
① 中華スープと水溶き片栗粉を加え、とろみをだし、しょうゆラーメンの上にのせると五目そばの完成です。魚のから揚げや豆腐ステーキなどにかけてみるとちょっとリッチなおかずにも大変身します。
② お好み焼きの粉と一緒に混ぜて焼くとお好み焼きに変身します。ランチに最適です。(野菜炒めは冷凍保存ができるので、ラップなどで小分けにしておくと便利です。)

●コストパフォーマンスも味も◎の塩豚
ロースの塊肉か、ばら肉がお勧めです。塩を揉み込んで冷蔵庫で2日間寝かせると、旨みがある美味しい塩豚が出来上がります。
①    そのまま焼いてソテーにします。シンプルな塩コショウの味付けで頂きましょう。
②    キャベツやダイコン、ニンジンなどと一緒にポトフにしても美味です。肉の旨みが溶け込んだスープの味は絶品です。
③    刻んでチャーハンとして調理しても絶品です。豚肉の風味が引き立ちます。

いかがでしたか?今回は3種類の料理を中心にご紹介しました。普段の煮物の煮汁も別の煮物にも使えますし、気付かないところで使えるものを捨ててしまったりしているケースもあるのではないでしょうか。前日の残り物を食卓に出すときは「もう少し形を変えて出すことはできないかな?」と一回考えてみると良いですね。そうすることで、子供や旦那さんの「またこれ?」を防ぐことが出来ます。うまく手を抜くことができれば、見た目を変えて食卓に彩りを加えることもできるのです。

▲ トップへ戻る