お得感満載

新社会人の為のローリスク資産運用

新社会の為の

新社会人の皆さんは貯蓄をしていますか?「一ヶ月頑張ったから好きな物を買いたい!」という気持ちが強いと思いますが、これからの生活の為にも貯蓄は大切です。 急な病気や家電の故障による買替え、引っ越しや将来の生活等、大きなお金が必要になった時の為にもある程度お金は貯めておきましょう。しかし、普通預金に貯めているだけでは思うように溜まって行きません。そこで新社会人の皆さんにも出来るローリスクな資産運用をご紹介します。

●定期預金
まずは資産運用の中でもかなりリスクの低い「定期預金」のご紹介です。 定期預金とは、普通預金より金利が高く、貯蓄を少しでも増やしたい方に向いている預金口座です。 普通預金の金利がメガバンクで大体0.02%、ネットバンクが最高0.05%程なのに対し、定期預金はメガバンクで0.03%程、ネットバンクで最高0.7%という高い金利が付きます。(※金利は常に変動します。)例えば、金利0.3%で10年預入の場合、10万円を預けると10万3千円になります。銀行によっては10万円からの預入という場合もありますが、1円から開設出来るプランもあるので新社会人の皆さんも始めやすいと思います。なお、決められた期日より前に引き出したい場合は途中解約となり、当初約束していた金利より下がってしまいます。ご注意下さい。預けた分は100%返って来る(元本割れしない)のでご安心を。

●終身保険で貯蓄する
「定期預金では金利が低すぎる」と思った方の為に、もう少し利率の良い「終身保険」をご説明します。 終身保険とは、生命保険と学資保険のシステムを組み合わせたような物で、亡くなった場合も保証されますが、30年程払い込むと解約時に100%以上になって返って来る貯蓄型の保険の事です。 例えば、アクサダイレクト「カチッと終身保険」の場合ですが、23歳男性が死亡保険金額1000万円のプランで毎月16520円を55歳まで払い込むとすると解約返戻率は115.5%になります。つまり32年間で634万円払うと732万円になって戻って来るという事です。こちらも、長い時間掛けた割に返って来る額が少ないと思うかも知れませんが、絶対に損をする事が無いので安心して始められるのです。ただ、こちらは定期預金と違い、保険金を掛けすぎて途中で払えなくなった場合に解約返戻率が100%に満たない、元本割れしてしまうという事もありますので、自分の生活を知った上で、いくら貯金出来るのかをしっかり検討しましょう。

今回はよりリスクの低い資産運用をご紹介しましたが、他には個人向け国債や付加年金等がローリスクで良いと思います。いきなりハイリターンを狙い、資金も知識もないまま株やFXを始めてしまう方がいますが、ハイリスクを伴う事も想定しましょう。 余裕がないうちは「いつ、何に使う為に、いくら必要か」をしっかりと決め、それ以上の儲けは考えない事です。元本割れしない事がいちばん大切ですから。

▲ トップへ戻る